Live your best life

日本イーライリリーでは、多様な背景をもった人々がそれぞれに豊かな生活を送れることを目指しています。

Safe Workplace
安全な職場環境

社員が勤務中に安全で快適に過ごせるようオフィス内の什器やMRが使用する自動車などのツールを改善するほか、社員に向けたトレーニングを実施しています。

Healthy Living
健やかな日常

食事や運動の改善など生活習慣病の予防を行うほか、疾患領域での知見を活かした社員教育、女性の健康促進などを展開しています。

Community Wellness
地域コミュニティへの貢献

企業や行政と連携して、患者さんや社会環境への理解を深めると共に健康や医療に関する知見を提供し、地域の健康寿命の延伸に取り組んでいます。

これらを実効性のあるものにするために、担当役員を設置し、役員会議にて活動・取り組み状況を報告する仕組みを整えています。

健康宣言

日本イーライリリーは、研究開発型の製薬会社のリーディングカンパニーとして、世界中の人々のより豊かな人生のため、革新的医薬品に思いやりを込めて届けることを使命としています。その実現のためには社員一人ひとりが心身ともに健康であることが重要であると考えます。

日本イーライリリーでは、「Live your best life」を理念に、多様な背景をもった人々がそれぞれに豊かな生活を送れることを目指します。

社員が安全に働ける環境を整備すると共に、生活習慣に配慮した疾患予防の取り組みや社員教育を展開し、健康増進を図ります。さらに、行政や他の企業と協働し、患者さん・地域の方々に疾患や健康に関する情報を提供し、地域の健康寿命の延伸に貢献してまいります。

取り組みの内容

働きやすい環境づくり 業務中のケガ、病気、セキュリティーイベントに関して 全社員にケガ、病気、セキュリティーインシデントが発生した際は、報告書の提出を義務付け再発防止への取り組みを実施。
経営幹部、衛生委員会において定期的に情報共有を行い、再発防止策の検討を実施。
ワークスマートへの取り組み 全社員の年間達成目標:有給休暇の最低10日以上取得
内勤職:
働く時間・場所の緩和:フレックス勤務、在宅勤務制度有
1日4時間、半日休暇時は2時間の必要最低労働時間を設定
深夜における海外とのカンファレンスに関する指針を策定
本社では19時半にオフィスエリアの全館消灯を実施し、時間外勤務の抑制、早期帰宅を促進
営業職:
働く時間・場所の緩和:事業所の利用日を策定、夜間利用を制限
休日&夜間19時以降の電話&メールのマナー向上
家族と過ごす時間の確保、ワークライフバランスの充実化のため、休憩時間、就業後に社員の家族へ本社内の一部施設を開放。
育児介護疾病などの両立支援 2007年、2010年くるみん(次世代育成支援対策推進方に基づく認定企業)認定、本社マザーズルームを完備
各種制度の充実化:育児休業制度(満3歳まで、最長18ヶ月間、2回までの分割取得可能)、育児パパ休暇、一時保育補助プログラム、家族介護休暇、私傷病欠勤、24時間対応可能な健康相談やセカンドオピニオンサービスの導入
社内コミュニケーションの促進 社員とその家族、同僚間のコミュニケーション促進を目的としたオフィス開放を実施。
クラブ活動を通じた社員のつながりを支援する「Club Lilly Japan」。情報交換専用サイトやクラブ活動補助制度あり。
ダイバーシティー&インクルージョン(D&I)促進の一環として、ウィメンズ・ネットワークを組織し、社員のD&Iに対する理解を促進するプログラムならびにファミリーデーで妊婦体験などのイベントを実施。
全管理職にインクルーシブトレーニングの実施により、社員とのコミュニケーションが安全にできる環境の醸成を促進。
LGBT+の方々の声を聞き、受け入れる環境づくりの推進をめざしAlly活動を実施。
ダイバーシティ&インクルージョンの理解を深め、社員の気づきと行動変革を促すことをめざすイベント「D&Iデイ」を年1回実施。
健やかな日常 健康増進、より良い職場環境の実現に向けたイベント実施 年2回健康増進、職場環境の向上を目的とした”社員の健康、安全、職場環境”を考えるウィークイベントを実施。以下、ウィークイベントにおけるこれまでの主な取り組み。
  • 経営幹部から健康増進に関するメッセージを配信。
  • エルゴノミクスに関するワークショップの開催。
  • オフィスヨガ/ストレッチ/マインドフルネスのイベントを実施。
  • 休憩時間や通勤前後の運動を促すためドレスコードを改定。(スニーカー、動きやすい服装での通勤可)
  • 転倒、歩きスマホによる怪我発生防止の啓発キャンペーンの実施。
  • 事故によるケガの発生、生産性低下を防ぐため、安全運転に関する各種取り組み。
  • ランニングイベントで健康食・ストレッチのレクチャーならびにウェアリサイクルを実施。
  • 体力測定/健康寿命測定のイベントの実施。
  • 片頭痛に関する健康教育の勉強会とワークショップ開催。
  • 国際女性デーにあわせ、社員の健康増進のためのレクチャーを実施。
  • 「健康勉強会」として、自社がもつ専門領域に関する疾患啓発や、健康増進に関する知見を、社員のグループに向けて共有。チームで健康に関する知識交流。
  • 毎年アプリを活用したウォーキングキャンペーンを実施。歩数に合わせて参加者がランキング化され、目標を達成した方へインセンティブを付与。
食事に関する支援 社内カフェにて社員へサラダバーを無料提供。1日に必要な野菜摂取量を掲示する取り組みを実施。(2019年は健康増進週間に合わせ2回実施予定)
社内カフェでのヘルシーメニューの設定。ヘルシーメニューに関する健康情報のポスターを掲示。
オフィス環境の整備 勤務中に自然と運動が促されるオフィスデザインを採用。オフィスのレイアウトの工夫により社内コミュニケーションも促進。
情報機器の普及による繰り返しの作業や無理な体勢によるケガを防ぐため、本社内の全てのデスクに液晶モニター、電動昇降式デスク、調節可能なチェアーを設置。
業務中のケガ発生防止のため、正しい姿勢でデスクワークが行えるよう内勤者には全員トレーニング受講を必須化。
休憩時間や就業後に利用できるマッサージルーム、ストレッチルーム、卓球台などを完備。
禁煙対策 施設内全面禁煙。
禁煙サポートプログラムの完備。
禁煙費用の補助。希望者へICTの活用による遠隔禁煙外来を導入し費用補助。
衛生委員会の活動 健康の保持増進、怪我の発生防止、働き方の改善のため討議を実施。働きやすい職場環境、ストレスチェックの実施状況などを審議し、より良い職場の実現を目指している。
メンタルヘルスケア教育の実施 全社員向けにオンラインでのセルフラーニングの機会を提供。
女性の健康 婦人科健診の支援実施。
医師を含む有志の社員によって職場における女性社員を中心とした健康に関する課題を分析、考察し、ワークショップを開催。健康への意識向上・啓発活動を実施。
定期健康診断の実施 全社員に特定健診の項目を含み定期健康診断を実施。(実施率98.2%)
*健診時のオプション検査の費用補助あり。
人間ドック、生活習慣病健診の受診義務化 35歳以上の社員は受診を義務化し、費用助成。
インフルエンザ予防接種 予防接種の費用助成。
定期健診後の措置 産業医による全社員の健診結果のスクリーニングを実施。
必要に応じて保健指導、医療機関への受診勧奨、産業医との面談実施、健康維持のため就労制限などのサポートを実施。
特定保健指導 特定保健指導は服薬者含めて35歳以上を対象に実施。
ストレスチェックの実施 所属する事業所の人数にかかわらず全社員対象にストレスチェックを実施。高ストレス者を中心に希望者には産業医面談を実施、健康相談窓口のご案内。
歯科健診 歯科健診の費用補助
家族の健康サポート 34歳以下の扶養配偶者の一般健診は自己負担なし。
35歳以上の扶養配偶者の生活習慣病健診の自己負担なし。
*35歳以上で巡回レディース健診を受診された方は基本検査に加え、子宮がん、乳がん検査の自己負担なし。
40歳以上の配偶者以外の扶養者(ご両親など)の一般健診自己負担なし。
扶養者の歯科健診の自己負担なし。
地域への貢献 他社との協働 健康に関して、社員が他社の専門知識や活動を学び、協働する機会を提供。(企業間だけでなく地域行政やコミュニティー含む)
例)「国際女性の日」に社員の健康増進と女性の活躍できる環境づくりに関するイベントをネスレ日本と実施。社員の健康ランニング&スポーツウェアの寄付イベントをアシックスと実施、など
地域の人々の健康にかかわる貢献 兵庫県・神戸市と協働して、高齢化をテーマに地域への情報提供と意識啓発を図る一般向け公開講座を開催。健康創造都市KOBE推進会議へ参画し、地域の人々の健康増進背作の企画・実施に貢献。
地域社会への貢献活動 世界中の社員が毎年一斉に社会貢献活動を行う一環として、日本でも「デイ・オブ・サービス(DOS)」を実施。全国のべ3000人近くの社員が地域貢献活動として、ウォーキングしながらの街路のごみ拾い、地域の人たちへの炊き出し、福祉施設の清掃などを行う。その結果から寄付額を決め、中央共同募金会・ひょうごボランタリープラザへ寄付。神戸で震災を経験した企業として、全国の災害復興支援のために継続して寄付を実施。
ひょうご・神戸大学コンソーシアム主催イベントで、リリー社員によるキャリアや働き方に関する講演・学生との意見交換
貧困に直面する人々のため、イーライリリーが実施する世界規模でのボランティア活動「コネクティング・ハーツ・アブロード(CHA)」に参加する機会の提供。
Top