ダイバーシティの取組み

多様な価値観を受け入れ活かすことが社員と会社の成長に繋がる

私たち日本イーライリリーは、社員一人ひとりの多様な価値観を互いに尊重し、受け入れ活かすこと(ダイバーシティ&インクルージョン)が社員と会社の成長に繋がると考え、組織全体で積極的に推進しています。 制度やプログラムを充実させ、性別・年齢・障がいなどに関わらず、多様性あふれる社員がいきいきと活躍できる企業風土を醸成することで、あらゆる社員が働きがいを感じ、潜在能力をフルに発揮できるよう取り組んでいます。また、社員相互の活動やネットワークによる情報交換が活発に行われており、そのような場で生まれる社員の提言を活かし、さらなる職場環境の改善を目指しています。このような職場環境から生まれる多様な考え方や創造力が、革新的で画期的な製品の開発へとつながり、世界中の患者さんにより良い“こたえ”を提供することができると考えています。

日本イーライリリーのダイバーシティの取り組みの歴史

2004シニア・リーダーシップ・フォーラムに「ジェンダーダイバーシティチーム」を設立
「ウィメンズ・ネットワーク・リーダーズ・チーム」を組織
2006女性MRリテンション・プロジェクト(退職率の改善)
2009「ダイバーシティ・カウンシル」の立ち上げ
ダイバーシティ戦略の刷新
2010女性MRのネットワーク・ミーティング開催
多様な働き方の支援一人事制度の充実在宅勤務制度の拡充、MR勤務地希望制度など
2011一時保育補助制度、育児のための車両通勤制度、「ダイバーシティアワード」を実施スタート
2012「ダイバーシティ・デー」の実施スタート
2014営業管理職に「ダイバーシティ・コミュニケーショントレーニング」を実施スタート

ダイバーシティ活動体制と主な活動

日本イーライリリーの製造施設である西神ラボラトリーズで開催されたファミリーデイで、社員とその家族を対象に「妊婦体験会」を実施しました。 約700人の社員が集まる中、社長や役員を含めた20名の有志の社員に、重さ約7.3㎏の妊婦体験用ジャケットを着用したまま、約1時間過ごしてもらいました。体験した社員からは「かなり重い・・・ 筋肉痛になりそう。妊婦を経験したことのない人には、男女関係なく是非やってほしいです。」「前かがみになる時が特に大変でした。真下が見えないので非常に歩きにくいし、一つ一つの動作が大変で、人の助けがありがたかったです。」「こんなにしんどいとは想像できませんでした。貴重な体験でした!」などの声が集まりました。この取り組みは、妊婦さんが経験している身体にかかる重さを疑似的に体験することで、妊婦さんの生活や苦労について想像し考えることが目的です。「体験しないとわからないこともあるので大切だと思う」と、体験者からは今後もやってほしいという意見が多くみられました。


経営層がオーナーシップを持ち、管理職社員で構成される「ダイバーシティコミッティー」がダイバーシティの戦略と施策を検討し、実行に取り組んでいます。また女性のキャリア開発支援として「ウィメンズネットワーク」の活動を2004年から続けています。女性社員全員を対象とし、情報交換、現在抱えている課題の共有や解決の糸口を探ることを目的とし、ロールモデルとの対話の機会や女性社員同士のネットワークの機会の提供を主な活動としています。
さらに、全社員*を対象に、年に1回、ダイバーシティへの理解を深め、社員への気づきと行動変革を促す「ダイバーシティ・デイ」を開催。(*営業社員は、年度ごと参加を検討し、さらに後日社内イントラサイトにて詳細を共有。)同時期に「ダイバーシティ・アワード」として、ダイバーシティの推進に貢献した社員を表彰しています。

TOPIC

「日経WOMAN 女性が活躍する会社BEST100」で18位、「管理職登用度部門」で10位(2015年)

『日経WOMAN』(発行:日経BP社)と日経ウーマノミクス・プロジェクトが実施した、2015年「企業の女性活用度調査」で、日本イーライリリーは、女性が活躍する会社Best100総合ランキングで18位、「管理職登用度部門」で10位にランキングされました。企業における女性社員活用の実態を1.管理職登用度、2.ワークライフバランス度、3.女性活用度、4.男女均等度の4つの指標で測定して採点が行われています。

次世代法の「認定事業主」に認定

日本イーライリリー株式会社は、「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)による「認定事業主」に2007年に続き、2010年にも認定されました。
日本イーライリリーの一般事業主行動計画はこちら

「女性活躍推進法」を提出

女性活躍推進法の施行に伴い行動計画を公開しました。
日本イーライリリー行動計画書
女性の活躍推進企業データベース内、日本イーライリリーの企業情報

10年連続「働きがいのある会社」調査でベストカンパニーとして選ばれています。

日本イーライリリー株式会社は、Great Place to Work® (GPTW) Institute Japan実施の2016年「働きがいのある会社」調査で従業員1,000人以上の規模の企業の中で第12位となりました。10年連続で上位に入っている数少ない会社の一つであり、医薬品企業の中で第1位を維持しています。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の「行動宣言」に賛同

日本イーライリリー、代表執行役社長パトリック・ジョンソンは、内閣府男女共同参画局で発足した「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」が制定した「行動宣言」に賛同しています。日本イーライリリーでは、多様な意見、経験、そして文化を尊重する企業風土を醸成することをめざしており、ダイバーシティの価値を推進し、女性リーダーを育成し、多様な働き方を支援する取り組みを提供しています。
女性活躍の推進については、役員や管理職への登用にも力を入れて取り組んでおり、女性管理職の割合は18%(2015年実績)、2020年までに30%を目指しています。

支援制度一覧

育児支援制度

  • 産前産後休暇制度
  • 育児パパ休暇
  • 育児休業制度
  • 育児短時間制度
  • 車両通勤制度
  • 就学前の子供の看護休暇制度
  • 一時保育補助プログラム

支援プログラム

  • 再雇用希望申請制度
  • カフェテリアプラン
  • 産休・育休前オリエンテーション
  • すこやかサポート

介護支援制度

  • 介護休暇制度
  • 介護休業制度
  • 介護短時間勤務制度

在宅勤務制度(内勤)

  • 介護・育児・通勤負担軽減の在宅勤務制度
  • 随時在宅勤務制度

営業支援プログラム(営業)

  • Myキャリア制度(勤務地希望などを含む)

Top