疼痛

解消されない痛みを抱えて生きる人々にとって、その苦しみは身体だけにとどまらず、生活全体にまでおよぶ可能性があります。思い通りに動くこと、仕事をすること、尊厳のある生き方をする機会さえ、危うくなることがあります。

痛みによって人生が制約されるべきではないと、リリーは考えています。もっと効果的な対処法がきっとあるはずであると。

リリーでは、解消されない疼痛について新たな議論を行い、片頭痛、群発頭痛、変形性関節症性疼痛などの反復性および慢性疼痛が及ぼす、複雑な科学的および社会的課題を克服することを目指しています。私たちはその実現に向け、包括的な疼痛管理と治療の転帰へ向けたアプローチの再構築と実現に必要となる、革新的な科学、方針、さらに非オピオイド鎮痛薬のさらなる開発に取り組んでいます。


「急性および慢性の疼痛を抱えながら生きる人々が、痛みに妥協せずに生られるよう、新たな可能性を広げ、お役に立つことこそが、私たちリリーの原動力です。新たな科学は新たな希望をもたらし、新たな希望は新たな期待をもたらします」

- パトリック・ジョンソン(シニアバイスプレジデント 兼 President of Lilly Immunology, president of Lilly USA and chief customer officer)