同意事項

申請の際には、以下の同意事項をご確認の上、ご同意いただける場合は、ご案内手順に沿って、ご申請手続きを開始してください。 ご同意いただけない場合は、ご申請いただかないようお願いいたします。

  1. 日本製薬工業協会『企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン』および弊社内方針に基づく公開

    今年度に拠出した寄付について、来年度に弊社ウェブサイトにおいて公開予定としております。

  2. 不正防止に関する法律および規制の遵守

    • 弊社の寄付は、医療に携わる方々が行なう製品の処方や採用・購入、製造販売承認やその他の法規制に基づく許認可といった弊社の事業に関連する意思決定に関していかなる便宜の供与も条件とするものではありません。

    • 弊社では、日本および米国の贈収賄、汚職防止に関する法律を遵守し、また利益相反マネジメントに基づき、双方の利益相反関係を確認するため、全ての寄付申請に対し、 外部システムから「透明性確保のための質問票(Due Diligence Questionnaire)」を送付致しております。期間内に質問票への回答をいただけない場合は、審査の対象外とさせていただきますので、ご了承ください。

  3. 申請期間

    受付期間以外のご申請は、理由の如何にかかわらず、寄付の要請に応じることができません。

  4. 申請時留意点

    1) 「2021年 日本イーライリリー株式会社 寄付のご案内-教育助成-」の内容をご確認いただいた上で、ご申請手続きをお進めください。

    2) 期間外の受付、および受付完了メール送信後の申請書類・資料の変更はお受けできませんので、予めご了承下さい。

    3) 代表者同意

     本サイトから様式をダウンロードし、受付期間内に代表者の署名済同意書を直接事務局宛にご送付(Eメール、または郵送)下さい。

    4) ご申請の受付完了

     受付期間内に、全ての必要情報・書類・資料をご送付いただけましたご申請に、弊社から「透明性確保のための質問票」をお送りいたします。 ご申請の受付は、弊社からお送りする「透明性確保のための質問票」へのご返信を持って完了 となります。
    なお、
    回答に不足がある場合、質問票返信後、 5営業日 以内に追加入力依頼のため、質問票が返却されます。追加情報を入力いただき、 再度、質問票を提出ください。 再提出いただけない場合、申請受付は完了しておらず、審査の対象外とさせていただきますので、ご了承ください。
    また、
    必要書類は、直接事務局にご送付いただき、弊社担当MR等への手渡しは、お控えくださいますようお願いいたします。

  5. 余剰金の返還

    寄付金に残余を生じましたら、返還等につきましてご相談させていただきますので、事務局までご連絡をいただきますようお願いいたします。

  6. 審査結果の通知

    1) 審査結果は事務局より直接、書面で通知いたします。

    弊社の寄付は、透明性、公平性および独立性を確保するため、営業・マーケティング部門等とは完全に分離した部署(教育・研究助成事務局)が運用致します。したがって、医薬情報担当者、事業活動に直接関わる部門の社員は、寄付申請に関するプロセスに関わることはできません。

    2) 結果通知後の再審査はいたしておりませんので、予めご了承ください。

    3) 寄付委員会後の結果通知、お支払いに関しましては、その時期が前後する場合があります。

    4) 寄付金のご申請に対しまして、 ご希望額に応じられない場合、またはお支払いに応じられない場合がありますので、ご了承ください。