関節リウマチGood DAYコミュニケーションブック

-

「関節リウマチ Good DAY コミュニケーション ブック」は、目に見えない・言葉だけでは伝えづらい痛み・倦怠感・こわばりといった関節リウマチ患者さんの主観的症状や医師と患者さんのコミュニケーションの課題について理解を深め、関節リウマチ患者さんの『良い日(Good DAY)』のために何ができるか、患者さんや患者さんを取り巻く方々と共に考える一助となることを願って、慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科 教授 金子 祐子先生の監修、公益社団法人 日本リウマチ友の会の協力のもと、作成されました。

Good DAYコミュニケーションブックのコラージュ

関節リウマチGood DAYコミュニケーションブック

スライドをご覧いただけます。

関節リウマチGood DAYコミュニケーションブック

<監修>    慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科 教授 金子 祐子先生

<協力>    公益社団法人 日本リウマチ友の会

<作成・発行> 日本イーライリリー株式会社



本活動は目に見えない・言葉だけでは伝えづらい関節リウマチ患者さんの症状や想いについて理解を深め、関節リウマチ患者さんや医療環境を取り巻く社会的課題解決を目指す活動です。