関節リウマチ Good DAY 看護師と考えるコミュニケーションブック

「関節リウマチ Good DAY 看護師と考えるコミュニケーション ブック」は、主観的症状がリウマチ患者さんにどのような影響を与えているかや、患者さんと医師と看護師のコミュニケーションにおいて、どのような課題があるかをまとめました。患者さんと医師が、治療法選択の際に、情報を共有しながら、協力して治療に関する意思決定をおこなう“協働的意思決定”の現状と課題についても取り上げています。

関節リウマチ治療に関わる患者さんと看護師と医師のコミュニケーションについて理解を深め、関節リウマチ患者さんにとっての「良い日(Good DAY)」のために何ができるか、患者さんや患者さんを取り巻く方々と共に考える一助となることを願って、学校法人兵庫医科大学 兵庫医療大学看護学部看護学科 教授 神﨑初美先生、京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻健康情報学分野 教授 中山健夫先生の監修のもと、作成されました。

関節リウマチ Good DAY 看護師と考えるコミュニケーションブック表紙

関節リウマチGood DAY看護師と考えるコミュニケーションブック

スライドをご覧いただけます。

関節リウマチGood DAY看護師と考えるコミュニケーションブック

<監修>    学校法人兵庫医科大学 兵庫医療大学 看護学部看護学科 教授 神﨑 初美先生

        京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻健康情報学分野 教授 中山 健夫先生

<作成・発行> 日本イーライリリー株式会社

関節リウマチ医療において、患者さんが抱える症状や患者さんとのコミュニケーションに関する課題について、患者さん・医師・看護師の視点から伝える動画です。 患者さんと医師が治療法選択の際に、情報を共有しながら協力して治療に関する意思決定を行う「協働的意思決定」と看護師のサポートの重要性についても、取り上げています。

本活動は見に見えない・言葉だけでは伝えづらい関節リウマチ患者さんの症状や想いについて理解を深め、関節リウマチ患者さんや医療環境を取り巻く社会的課題解決を目指す活動です。