ヘンズツウ部

Loading...
Loading...
Loading...
Loading...

社外にも展開

henzutoo-logo

:

日本イーライリリーでは、片頭痛を抱える患者さんと、隣で寄り添う人を表現したロゴを作成。片頭痛への正しい理解を広げ、片頭痛の人が働きやすい職場づくりを目指して活動してまいりました。その活動を通して、片頭痛のみならず他にも同様に、辛さを我慢しながら仕事に向き合わざるを得ない健康課題もあるのでは?との気づきがありました。
今後は、片頭痛に限らず、職場で周囲から見えづらい健康課題をもつ方々にとっても働きやすくなる職場づくりの工夫や各企業の取り組み事例もご紹介します。

「“みえない多様性”に優しい職場づくりプロジェクト」の情報はこちら

片頭痛とは

片頭痛に特有の症状や有病率などを知ることができるシンプルなアニメーション(約1分)

Loading...

片頭痛をもつ働き世代女性の家庭と職場

片頭痛をもつある女性の日常生活をドラマで表現(約10分)

Loading...

henzutoo-profile1

:

henzutoo-profile2

:

henzutoo-profile3

勝島 晴美 様
JPAC:頭痛医療を促進する患者と医療従事者の会 当事者



30年以上もの長い間、片頭痛に苦しんできました。この病気は世の中の人に理解されにくいため、痛みがあっても辛いと言えず我慢をする日々でした。人知れず片頭痛に苦しんでいる人たちを理解し、優しい言葉をかける、そんな社会になってほしいと思います。




:

坂井 文彦 先生
一般社団法人 日本頭痛学会 顧問
埼玉国際頭痛センター センター長



片頭痛が病気で、治療すべきことが知られていません。「ただの頭痛」と我慢し鎮痛薬を飲むだけで病院も受診しない人がほとんどでしたが、片頭痛により仕事の効率が低下しないよう努力する企業が増え始めました。病院でも頭痛教室・カフェを通じ頭痛に悩む人の声を社会に届ける活動も大きくなっています。



:

平田 幸一 先生
一般社団法人 日本頭痛学会 代表
JPAC:頭痛医療を促進する患者と医療従事者の会 担当理事
獨協医科大学 副学長

日本頭痛学会から申し上げますと、頭痛患者さんに少しでもお役に立てるよう、良質な医師を育成するための教育セミナーのみならず、頭痛診療のマスターを育成する活動(HMSJ)も行っております。また、患者さん中心の頭痛医療を推進するための活動(JPAC)についても坂井文彦顧問のご指導のもと事業が進んでおります。頭痛患者さんの悩みが解消されるよう会員一同更なる努力をしてゆく所存です。

Loading...