みえない多様性PROJECT

有志企業・団体、自治体、医療従事者、健康経営専門家と連携
職場で我慢しがちな、周囲から見えづらい健康課題の問題に取り組む

project_concept.png

「みえない多様性PROJECT」とは
健康経営の隠れた課題 職場における「みえない多様性」

数ある健康課題のなかでも、片頭痛などの頭痛や腰痛、生理痛などの痛みや不調は、時に仕事に支障をきたすことがあります。しかし、その痛みや不調は他人にみえないことから周囲の人に理解してもらうことが難しく、結果的に一人でそのつらさも抱え、我慢しながら働いている人たちがいます。こうした当事者一人ひとりの状況を ‟みえない多様性“ と定義しました。

プロジェクト発足のきっかけは、社内の「ヘンズツウ部」の活動から

日本イーライリリーは、片頭痛をはじめ、さまざまな健康課題に付随した症状に伴う、みえない不安や支障、つらさを抱えながら当事者と周囲の人が共に働きやすい職場づくりを目指し、2020年、社内活動だった「ヘンズツウ部」を発展させ、様々な企業・団体、自治体、専門家に呼び掛け、「みえない多様性PROJECT」を共同で立ち上げました。

「ヘンズツウ部」紹介ページ

周囲からみえにくい健康課題を相互理解するワークショップツールを開発
社内外でのワークショップ開催

本プロジェクトでは参画企業・自治体と議論を重ね、健康経営®の専門家と医師にも監修頂き、当事者と周囲の相互理解を促し、あらゆる立場の人が参加可能なワークショップツール「わかりづらい健康課題 『みえない多様性』 に優しい職場をつくる –Inclusive Workplace Design Toolkit–」を開発しました。

本ツールは、職場での健康課題の考え方や健康課題を抱える当事者と考える職場環境づくりのポイントを事例も交えて紹介した冊子と、みえない多様性への理解を深めるために、周囲の人の健康課題に紐づく職場での「誤解されがちな言動」の裏にある痛みや不調を想像させるカードゲームで構成されます。

ニューノーマル時代の企業の社内研修ツールとしてご活用いただけるよう、オンラインワークショップとして実践できる仕様にしており、下記より無料でダウンロード頂けます。(2021年11月 改訂版公開)

互いにわかり合うことで、一人ひとりが自分らしく働ける職場づくりを目指し、社内外でのワークショップの開催などの活動を行っています。

toolkit_image1_2021_mini.jpg

:

●わかりづらい健康課題『みえない多様性』に優しい職場をつくる-Inclusive Workplace Design Toolkit-
職場・組織における健康課題の考え方や、健康課題を抱える当事者とともに考える職場環境づくりのポイントを、実際に組織で行われている具体的な事例を交え、当事者、組織、医療従事者、健康経営の専門家、それぞれの視点から紹介。
ツール冊子のダウンロード

toolkit_image2_2021_mini.jpg

:

●Inclusive Workplace Design Toolkit
<付録>ストーリーカード -他者の背景を想像する-
「みえない多様性」を考えるとき、当事者の目線を持つために、参加型のワークショップの中で使える「カードゲーム」です。他者がもつ様々な背景や課題を想像し、理解するための視点のコツをつかむヒントに。オンラインの集まりではデータを表示したり、対面の場合は印刷して切り取って実際のカードにしたりして活用ください。
①説明書&カード画像(オンライン実施用)のダウンロード
②カード印刷用簡易キット(対面実施用)のダウンロード

toolkit_image3_2021.jpg

:

●ストーリーカードを手軽に職場で実践
<カードゲームで考える「みえない多様性」
~みえない多様性ワークショップ~> 進行用資料(PDF)


「職場でストーリーカードを活用したワークショップを企画したいけど、どこから手をつけたら良いかわからない・・・」
「ワークショップ担当者としては、資料の準備が大変・・・」

そのような方にご活用いただけるよう、ワークショップ進行用資料を制作しました。職場でストーリーカードの実践をお考えの方は、ぜひダウンロードして活用ください。

① 進行用スライドのダウンロード(PDF)
② 主催者向け ファシリテーターガイドのダウンロード(ノート付きPDF)

職場のみえない多様性 Movie

職場で起こる、周囲の人から誤解されがちなシーンを再現

「会議を乗り切る編」(約1分40秒)

「先輩もツライ編」(約1分40秒)

「リモートワーク編」(約2分)

ストーリーカードの使い方Movie

ストーリーカードの実施手順を紹介したアニメーション(約4分30秒)

健康経営の観点からみた本プロジェクトの意義

【監修者】岡田邦夫 (医師、特定非営利活動法人 健康経営研究会 理事長)(約3分)

みえない多様性PROJECT 活動プロセス

プロジェクト発足からワークショップツール開発までの様子(約5分)

henzutsu_karuta.jpg

:

●【参考】 健康経営の取り組む企業の方へ
職場でも活用できる「ヘンズツウかるた」

頭が痛い、だけが片頭痛じゃない。
さまざまな病気のなかで2番目に日常生活における支障が大きいとされる片頭痛1)
その支障が一人でも多くの人に理解されるように当事者や周囲の方の想いをかるたの形で表現しました。
見た目にはわかりづらい症状。
本音を言えず我慢しがちな当事者のつらさ。
日本では約10人に1人といわれる片頭痛2)の多様な痛みに、職場全体で目を向けてみませんか。

ヘンズツウかるた ウェブサイトへ

1)出典:GBD 2016 Disease and Injury Incidence and Prevalence Collaborators. Lancet 2017; 390: 1211-1259より一部抜粋
2)出典:日本神経学会・日本頭痛学会監修:慢性頭痛の診療ガイドライン作成委員会編集. 慢性頭痛の診療ガイドライン 2013, 医学書院, 2013, p.35-36

日本イーライリリーでは、本プロジェクトの参画・協力企業、団体とともに、このワークショップツールを他の企業、地域、社会に広く提供することで、片頭痛をはじめ、あらゆる健康課題を抱える人、その周囲の人、働く全ての人が「みえない多様性」を理解し、「健康で働きやすい職場」が広がる社会を目指しています。

※「健康経営 ®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

「ヘンズツウ部」紹介ページへ

みえない多様性PROJECT
表彰実績

本プロジェクトは、次のような表彰を受けています。
(2021年12月15日現在)
※受賞順に掲載

recognition_HRaward_logo_mini.png

:

HRアワード2021」
主催:日本の人事部「HRアワード」運営委員会
後援:厚生労働省
企業人事部門 入賞
https://hr-award.jp/

Work Story Award 2021 logo.png

:

「Work Story Award 2021」
主催:一般社団法人at Will Work
大学生が選ぶWork Story賞
https://award.atwill.work/

Lisbon PR logo.png

:

「リスボンPRアワード」
主催:リスボンアワードグループ
ショートリスト入賞
https://www.lisbonadfestivalsgroup.com/lisbonprfestival

PRSJ logo.png

:

「PRアワードグランプリ 2021」
主催:公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会
後援:経済産業省、日本広報学会、公益社団法人 日本広報協会
シルバー賞
https://prsj.or.jp/pr-award/