関節リウマチ患者さんのGood DAYに向けて

Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
関節リウマチ Good DAY コミュニケーションブック表紙

関節リウマチ Good DAY コミュニケーションブック

関節リウマチの痛みや倦怠感、こわばりといった主観的症状や患者さんの想いについて、患者さんと医師をはじめとする患者さんを取り巻く方々とともに理解を深め、それぞれの立場からの働きかけにより良いコミュニケーションの糸口が生まれ、患者さんにとっての「良い日(Good DAY)」の実現につながることを願い、「関節リウマチGood DAYコミュニケーションブック」は誕生しました。

詳細を見る

関節リウマチ Good DAY 看護師と考えるコミュニケーションブック表紙

関節リウマチ Good DAY 看護師と考えるコミュニケーションブック

「関節リウマチ Good DAY 看護師と考えるコミュニケーション ブック」では、主観的症状がリウマチ患者さんにどのような影響を与えているかや、患者さんと医師と看護師のコミュニケーションにおいて、どのような課題があるかをまとめました。 患者さんと医師が、治療法選択の際に、情報を共有しながら、協力して治療に関する意思決定をおこなう“協働的意思決定”の現状と課題についても取り上げています。 関節リウマチ治療に関わる患者さんと看護師と医師のコミュニケーションについて理解を深め、関節リウマチ患者さんにとっての「良い日(Good DAY)」のために何ができるか、患者さんや患者さんを取り巻く方々と共に考える一助となることを願っています。

詳細を見る

Loading...