乳がん患者さんのものがたり “LIFE with...” 大切な人生と向き合うヒント

乳がんは、日本で1年間に約9万人が診断され、女性のがんの中では最も多く、特に40歳代後半~60歳代後半の罹患率が高い傾向にあります(※)。

※国立がん研究センター がん情報サービス

乳がんと診断された患者さんは、ご自身の生活が今後どのようになるのか不安に感じる方がいらっしゃいます。
そこで、乳がんの診断後も自分の人生に向き合い、不安を少しでも和らげられるよう、日本イーライリリーは、認定NPO法人キャンサーネットジャパンとともに乳がんと診断された方に向けた冊子”LIFE with...”を制作しました。

乳がんと診断されても、自分らしい人生を送っている患者さん、仕事をされている患者さんやそのご家族の経験を、医師の監修のもと紹介しています。是非ご覧ください。