/images/patient_device/midashi_HMT2.jpg

気泡について

Q.カートリッジ内の気泡が除けないのですが、大丈夫ですか? 気泡を除く方法は?

A.空打ちでとれないような小さい気泡でしたら残っていても差し支えありません。また、どうしても取り除けずに残ってしまう大きめの気泡の場合、注射の際、針のついた方を下にした時に気泡が反対方向にいく、もしくは全く動かない(針に入らない)ようであれば、体内に入ることはありません。空打ちが正しく行われていれば基本的に注射量にも影響ありません。

もし、大きな気泡がある場合は、針先を上に向けた状態でカートリッジホルダー部分を軽く2~3回指ではじき空気を上部に集め、針先から注射液が流れ出るまでペンの投与量設定ダイアルを(6mgペンの場合は)0.05、(12mgペンの場合は)0.10に合わせて空気抜きの操作を繰り返してください。

Top