ミリオペン、ラグジュラ

Q. インスリン製剤のカートリッジ内に気泡が入っていても大丈夫ですか?

A. カートリッジ製造過程でゴム栓をする時に、出来る限り空気が入らないようにしていますが、時々抜けきれず気泡が入ってしまう場合があります。正しく空打ちを行ってもとれないような小さい気泡でしたら残っていても差し支えありません。また、どうしても取り除けずに残ってしまう大きめの気泡の場合、注射の際、針のついた方を下にした時に気泡が反対方向にいくようであれば、体内に入ることはありません。なお針を取り付けたまま保管すると、針の先から空気が入ることがあります。注射が終わりましたら、注射針は取りはずしてください。

【参考】 空打ちの方法については、「関連資材へのリンク」項目、またはお使いになられている製品の取扱説明書にて詳しく説明しておりますので「くすりの情報」ページよりご確認ください。



Lilly Diabetes


よくある質問と回答集に戻る

Top