偽造防止への取り組み

偽造医薬品の危険性

偽造医薬品は、重大な公衆衛生リスクです。規制当局の検査を受けておらず、不衛生な状況で不正に製造されている場合もあります。使われている原材料は不明で、含有物は信頼性に乏しいものです。

偽造医薬品は、有毒な成分を含むことがあるため、患者さんの安全を脅かします。安全に服用できず、服用すると死亡するおそれもあります。

残念ながら、偽造医薬品ビジネスは増え続けています。主要治療分野のすべて、主な地域のすべて、そして 100 を超える国において、世界的な犯罪ネットワークが偽造医薬品を製造し、販売しています。

リリーの偽造防止対策

リリーは、医療におけるイノベーションを推進し、最高の製品品質基準を維持して、患者さんの安全を確保するよう努めています。

リリーは、公衆衛生を守るために必要な対策をすべて講じています。社内にグローバル偽造防止チームを設置して、リリー製品の偽造と疑われる製品を調査しています。違法活動を阻止するため、製造および販売の動向を確認する手順を導入しています。

しかし、一企業だけでは医薬品の偽造を止めることはできません。そのため、リリーは世界各地の規制当局や法執行機関、ならびに他の製薬会社と連携して、世界的な偽造防止戦略を施行して、患者さんの安全を確保しています。

同時に、世界保健機関、世界医療専門家協会(World Health Professionals Association)、世界税関機構などの非政府機関と協力して、国際的な啓発活動を継続的に支援し、従来とは異なる販売経路から医薬品を購入する危険性を、患者さんと医療関係者に警告しています。

インターネットを通じて、偽造医薬品を取引する匿名のマーケットプレイスが形成されていることにより、この問題はさらに悪化しています。偽造品の技術と能力が年々向上していることから、他の組織と連携して、偽造医薬品を見つけ出し、製造販売した犯罪者を拘束し、患者さんを保護することが喫緊の課題となっています。