企業活動と患者団体の関係の透明性に関する企業指針

企業活動と患者団体の関係の透明性に関する方針

 

日本イーライリリー株式会社

企業活動と患者団体の関係の透明性に関する企業指針

日本イーライリリー株式会社(以下、当社)は、患者さんの健康の維持・向上、そのための環境整備をめざし、患者さんやご家族のニーズや悩みの理解と、共通の課題の改善・解決のために、患者さんやそのご家族の声を代表する患者団体の方々と協働を行っております。

一方で、患者団体の行政等への発言力・影響力が高まっている中、当社の活動について高い倫理性を確保し、一般社会から正しい理解を得ることの重要性が増しています。

当社は、関連法規や日本製薬工業協会(以下、製薬協)等の定める「企業行動憲章」、「コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「医療用医薬品プロモーションコード」、「医療用医薬品製造販売業公正競争規約」をはじめとする関係諸規範、およびその精神に従い、あらゆる企業活動を行います。

製薬協の定める「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」は当社の企業ポリシーに合致するものであり、これに則した企業指針を、個人情報保護法を含めた関連法規や社会規範を考慮したうえでここに策定し、当社の企業活動と患者団体の関係の透明性をはかり、一般社会から正しい理解を得られるよう努めます。

この透明性に関する企業指針により、当社の活動が高い倫理性を担保した上で患者団体の活動・発展に寄与していることについて社会に理解いただけるものと考えています。

なお、本指針は2013年度から施行され、2014年より患者団体への資金等の提供に関する情報を掲載しています。 

公開対象

1. 直接的資金提供

本項目には、当社が患者団体に直接提供する資金として、寄付金、会員・賛助会員費、協賛費、広告費等が含まれます。これらの直接的資金提供について、患者団体名及び費用項目ごとの金額を公表します。

当社では、患者団体を対象としたものも含む全ての寄附金の拠出は、教育・研究助成事務局 (LGO:Lilly Grant Office)を通じて実施しています。

2. 間接的資金提供

本項目には、当社が患者団体支援を目的に実施する企業主催・共催の講演会・説明会・研修会等に伴う費用、患者団体支援に関連し外部業者に委託した費用が含まれます。これらの間接的資金提供について、患者団体名及び総額を公表します。

3. 企業からの依頼事項への謝礼等

本項目には、当社が患者団体代表者に講師、原稿執筆・監修、調査、アドバイザー等を依頼した際の謝礼が含まれます。これらの謝礼について、患者団体名及び費用項目ごとの金額を公表します。

 4. その他

本項目には、当社が患者団体主催の催し等での社員による労務提供について、提供した患者団体名を公表します。

2019年度の支払い金額についてはこちら