社員インタビュー経験を活かしつつ、新しいことへの挑戦を楽しみながら仕事をする。

研究開発/臨床開発本部 クリニカルリード 課長  松山 由理

前職ではGlobal CROでモニターを経て、スタディマネージャーとしてアジアパシフィックの試験を担当していました。それなりにやりがいはありましたが、自社の薬剤開発に最初から最後まで携わり上市されるまでを見届けたく、製薬会社への転職を決めました。

日本イーライリリー株式会社に入社後3年間は臨床薬理試験に携わりました。初めての分野で戸惑うこともありましたが、同僚や上司から必要なサポートをいつも得ることができました。試験期間が短いため、短期間で複数の試験の立ち上げから総括報告書の作成までを経験することができました。また、新しい化合物の開発初期段階で、その後の開発計画の話し合いに参加できる面白さを知り、海外の担当者との協議や交渉等、良い経験をすることができました。その後の2年間はクリニカルトライアルプロジェクトマネージャーとしてオンコロジー領域の国際共同試験の試験管理業務に携わりました。大規模試験の全体像を見ることができ、グローバルチームの一員として仕事ができる、貴重な機会を与えてもらいました。

上司との毎月の面談では自分の望んでいる未来像を話し、そこに向かって自分の強みと弱みを考え、相談します。その面談結果を踏まえ、上司は、今後のキャリアやその人の可能性や今後の成長を見据えた、アサインメントを検討します。時には自分が苦手としている仕事を任されることもありますが、終わった時には自分の成長を感じることができます。

現在はクリニカルリードとして、オンコロジー領域の開発に携わっています。今までとは違う視点から開発戦略にも関われる貴重な経験だと思っています。各部署の専門家や優秀なメンバーから刺激を受け、また助けられながら、日々新しいことを学んでいます。
今までの経験を活かしつつ、新しいことへの挑戦に毎日楽しみながら仕事をしています。

Career Path
2013年 日本イーライリリー株式会社 入社
  臨床開発部 臨床薬理オペレーション スタディマネージャー就任
2017年 グローバル臨床プロジェクトマネジメント
クリニカルトライアルプロジェクトマネージャー(オンコロジー領域)へ異動
2019年 臨床開発部 クリニカルリード(オンコロジー領域)へ異動



(20190902HR)

戻る

Top