社員インタビューパフォーマンスを最大限に発揮してベストを目指す。リリーにはそんな風土があります。

オンコロジー事業本部 製品企画部長 冨山 峰之

自身の夢を後押ししてくれた日本イーライリリーと出合い、「この人たちと一緒に働きたい」と思いました。

学生時代は「仕事を通じて社会に貢献したい」「モチベーションを維持しながら仕事に携わりたい」と考えていました。そして、人の健康や生命維持に密接に関わる製薬会社の仕事に魅力を感じ、営業職に的を絞って就職活動を行いました。

就活で私が大事にしていたのは、直感。“その会社で何をするか?”はもちろんですが、それ以上に“どんな人たちと一緒に働きたいか?”を重視して、就職先を検討していました。

そして、日本イーライリリー(以下、リリー)という会社に出合い、“誠実さ”や“卓越性の追求”“人の尊重”という企業理念『リリーバリュー』と、そこで働く人たちとの間にギャップがないと感じたんです。

最終面接時には、「将来は海外留学したいという想いがあり、そうなれば会社を去る選択をするかもしれない」と率直に伝えました。それに対して採用担当者は、「冨山さんの未来に向けて、私たちと一緒に頑張りましょう!」と背中を押してくれた。なんて懐が広い会社なんだろうと感動しましたね。これらのやりとりが決め手となり、「この人たちと一緒に仕事がしたい」という想いが高まりました。

戸惑いながらも「やるしかない!」。患者さんが元気でいられるようサポートしようと心に決めました。

MRというと、薬学部をはじめとする理系出身者が多いというイメージがありますが、実際はそうでもないんです。現在、この業界でMRとして活躍する人たちの約半数は文系出身者といわれていますが、リリーも同じです。

最初の配属先は岩手でした。当時のリリーはまだ規模が小さく、そのエリアに配属されたのは私ひとり。上司と青森にいるチームリーダーの指示を仰ぎながら、がむしゃらに仕事に向き合いました。赴任した初日、上司から「担当エリアは自分の庭のようなもの。失敗してもいいから、自分で考えて行動しなさい」と言われたことを覚えています。

入社1年目ながら大学病院も任されました。いきなり大きな施設を受け持つことになり、正直戸惑いがありました。さらに、担当したのは抗がん剤。“がん”の治療成績は年々向上していますが、進行程度によっては生死に関わる病ということもあり、相応のプレッシャーを感じていました。私たちの提案が患者さんにどのような影響を与えるか、責務の重さに悩んだこともありました。

「でも、やるしかない!」と、前向きに取り組みましたね。がん治療は長期間に及ぶことも多いので、患者さんの生活の質(QOL=Quality Of Life)をできるだけ維持して、より長く元気でいられるようサポートしようと心に決めました。患者さんとドクターが思い描く治療ゴールを達成できるように力を尽くしました。

社内インターンシップ制度を利用し、マーケティング部門にも挑戦しています。

入社してからこれまでを振り返ると、周囲の人たちには本当に恵まれたと思います。尊敬する上司や先輩たちと出会い、同僚からは刺激を受けて、成長することができました。

約8年間、MRとして活動した後、社内インターンシップ制度を利用して現職であるマーケティング部門に転身しました。現在は、以前から尊敬する先輩社員の下で、製品販売戦略の企画立案に携わっています。さまざまな部署と連携して製品価値を最大化するための戦略を練り、全国のドクターと日々ディスカッションするなど、業務は多岐にわたりますが、MR時代の経験が大いに役立っています。

リリーは若手にもチャンスを与えてくれる会社です。資格取得など教育面でもしっかりサポートしてくれますし、上司や先輩社員からは的確なアドバイスがもらえます。自分で考え、前向きに進む意欲さえあれば、文理の出身を問わず、着実に成長できる環境です。

また、高い開発力を備えているので、これからも数多くの新薬が生まれ、文理関係なくそれに携われるやりがいや喜びもあります。これからもパフォーマンスを最大限に発揮し、ベストを尽くしたいですね。

Career Path
2005年 法学部卒業
日本イーライリリー入社
4ヶ月間の合宿研修を経て、8月より岩手に配属
12月にMR認定試験に合格する
2008年 千葉・埼玉エリアに異動し、がんセンターや大学病院などを担当
2014年 社内インターンシップ制度を経て、本社・オンコロジーブランドチーム転属。MR時代の経験を生かし、マーケティング業務に力を尽くしている。

戻る

Top