社員インタビュー世界を舞台に活躍したい。その想いを胸に、意欲的に仕事に取り組んでいます。

糖尿病・成長ホルモン事業本部 製品企画部長 有川 聡平

全く異なる分野にも挑戦。自分の幅を広げることができました。

日本イーライリリー(以下、リリー)には2004年に入社。以来MRを皮切りに、マーケティング業務や営業課長、経営効率化を目指すシックスシグマでの仕事など、さまざまな分野に携わってきました。

自分にとって大きな転機だったのは、2015年の営業/シックスシグマ本部への異動ですね。シックスシグマとは経営変革手法のことです。取締役会からのオファーを受けて、各部門の専門家たちと課題ごとのプロジェクトチームを形成。そのチームを牽引し、部門を超える問題の解決、経費削減など、経営効率化のための問題解決に臨みました。これまでの営業やマーケティングは、いろんな人とコミュニケーションをとりながら足を使ってこなす仕事でした。しかし、この部署は足を止め、頭を使って勝負する未経験の分野。それまでの自分の経験とはまったく異なりましたね。しかし、マネジメントスキルなどこれまでとは全く違った領域を伸ばすことができたし、様々な部門の人との出会いもあったため、自分の幅を広げることができたと思います。

実は入社を迷ったことも。しかし、“人” に惹かれ、リリーで働くことを決意しました。

現在はリリーで10年以上勤務していますが、実は入社することを迷っていたんです。
「人が好き」かつ「グローバルな分野で仕事がしたい」と感じていた私は、就職先としていくつかの外資系製薬会社を検討。売上ランクの上位を占める会社にとにかくアプローチしました。当時のリリーは国内では33位とトップ10ランク外でしたが、大学院の先輩から「人を大切にする、とてもいい会社だったよ」と聞いて、エントリー候補に加えました。

確かに、リリーは他社とは違う印象を受けましたね。会社説明会参加のため、当時住んでいた福岡から東京へ向かったのですが、飛行機トラブルで大幅に遅刻してしまいました。
当日は日曜日だったため会社とも電話がつながらず遅延の連絡ができなかったので、ダメ元で説明会の会場に向かい事情を説明すると、担当者はあたたかく迎え入れてくれ、最後には「今度、神戸本社にも遊びにおいで」と声を掛けてくれました。諦めずに会場に向かい、正直に事情を話してよかったと今でも思います。

内定通知はトップ企業とリリーの両方からいただきました。どちらにするか迷いましたが、リリーの内定者研修に出かけたら、そこには私と同じように“人”が好きな仲間がたくさんいたんです。「この会社で社会人としての一歩を踏み出そう」。この仲間達との出会いが、そう決意させてくれました。

世界からも注目される「日本イーライリリー」の仕事にやりがいを感じています。

現職では市場分析を行い、中長期にわたるマーケティング戦略を企画立案しています。一緒に仕事をするのは、リリーのマーケティングチームだけでなく、アライアンスパートナーやアメリカ本社や各国に拠点を置くマーケティングチーム。国籍も文化も異なる人たちとのやりとりは、日々新鮮な驚きがあります。

MR時代、実際の医療現場では何が求められているかを常に考え、ドクターや患者さんの生の声に向き合ってきました。その経験が今役立っています。リリーには優れた新薬開発力があります。当社が誇る革新的な製品をMR時代は担当エリアにのみ届けていましたが、マーケティングとして全国へさらに幅広く発信できることがうれしいですね。

リリーグループの中で、日本は本社のあるアメリカに次ぐ市場規模を誇っており、日本イーライリリーの戦略は世界からも注目されています。そうした状況で業務を行うことに、やりがいを感じますね。海外で催される学会に参加したり、各国のマーケティングメンバーとディスカッションしたり、グローバルな舞台で意欲的に仕事をしています。

就活中に初めてリリーと出会ってから十数年。現在はトップ10にランクインする企業へと成長しましたが、当時も今も「人を大切にする会社」という印象は変わりません。あのときの自分はリリーで働く人と触れ合い、この会社で働きたいと思いました。そして、その選択は間違っていなかったと確信しています。

Career Path
2004年 薬学研究科修士課程修了
日本イーライリリー入社
4ヶ月間の合宿研修を経て、8月より鹿児島に配属
12月にMR認定試験に合格する
2007年 チームリーダーになり、福岡県南部エリアを担当
2009年 STA(Short Term Assignment)制度により、本社・マーケティング本部の業務に携わる。その後、同部署に本配属となり、インスリンブランドチーム 製品企画担当課長に就任
2012年 糖尿病・成長ホルモン事業本部 東京支店 営業課長 就任
2015年 営業/シックスシグマ本部に異動し、シックスシグマ ブラックベルト(BB)に認定
2017年 糖尿病・成長ホルモン事業本部 製品企画部長 就任

戻る

Top