社員インタビューステップアップの機会を積極的に与えてくれる、あたたかく人間味のある会社です。

筋骨格・中枢神経事業本部 東京支店 岩間 奈々

「人と社会に貢献する仕事がしたい」。その想いを実現できるのが、『MR』でした。

学生時代、人や社会に貢献できる仕事に興味があり、保険会社や製薬会社を中心に就職活動を行いました。その中で、日本イーライリリー(以下、リリー)を選ぶ決め手となったのは、採用面接でのやりとりです。「自分のウィークポイントは遠慮しがちなところです」と語る私に対し、面接担当者は、その弱点が仕事をする上で自分にどんな影響を及ぼすか、改善するにはどうすればいいかを具体的にアドバイスしてくれました。初対面にも関わらず、的確な指摘にドキッとしましたね。そして親身に対応してくれたことがとてもうれしく、心を動かされました。

私は文系出身ですが、MRへの道を進むことに特に抵抗はありませんでした。営業職に興味がありましたし、人の健康や生命を支える仕事に魅力を感じていましたから。

MRとして営業活動を行い、売上目標を達成する。その売上金の一部が新薬の研究費になる。新たに開発された薬が患者さんを救う―。私たちMRの日々の取り組みは、そんなサイクルの中にあります。人と社会への貢献を実感できる仕事だからこそ、大変なことがあってもくじけずに、長く続けられると思いました。

ドクターに合わせたアプローチで信頼を築き、患者さんの症状改善をサポート。

現在、私は東京支店に在籍し、中枢神経系領域を担うMRとして活動しています。1日に訪問する医療施設数は3~5ほど。午前中は社内でミーティングを行い、午後は病院・クリニックの休憩時間や診療終了後を見計らいドクターを訪ねます。

最初のうちはまったく余裕がなく、常にいっぱいいっぱいの状態でした。しかし、真摯(しんし)な姿勢でドクターに向き合うことを心がけました。いろいろなタイプのドクターがいらっしゃいますから、距離を縮め、信頼関係を築くために、アプローチ方法には気を遣いますね。「この先生には、患者さんの話を中心に情報提供していこう」「この先生は、フランクに接した方が心を開いてくださるかもしれない」というように、相手に合わせて対応を工夫しました。もともと私は人と接することが好きなので、気を遣いながらも信頼関係を築いていくことにやりがいを感じました。

リリーの製品を提供し、ドクターから患者さんの症状改善に効果があったという話を聞くと励みになります。私たちの取り組みが治療の幅を広げ、人や社会のためになっているのだと実感しますね。また、こうした貢献ができるのも、リリーの優れた新薬開発力があるからこそだと思いますし、そこに営業活動を通して貢献できていることが本当にうれしいです。

「外資系企業=個人プレーの成果至上主義」。そんなイメージを覆す、あたたかく人間味のある社風です。

リリーは外資系企業なので、「個人プレーを重んじる成果至上主義の会社」というイメージがあるかもしれません。入社前は私も「そういう雰囲気があるのかな」と思っていましたが、実際は違いました。もちろん成果は大切ですが、基本的にはチームで動き助け合っています。例えば、入社当初に講演会の準備を一人で任されたとき。不安で大変でしたが、チームの先輩たちが会場となるホテルへの連絡の仕方から会の段取りなど、基本的なところからしっかりとサポートしてくださり、本当に助けられましたね。今、後輩が同じ状況のときは、私も進んでサポートしています。

そして、今よりもっと成長したいと望む向上心のある社員がとても多い。リリーはそうした成長意欲を尊重し、ステップアップの機会を積極的に与えてくれます。上司によるコーチングもそのひとつ。私たちMRが営業活動をさらにブラッシュアップできるよう、病院・クリニック訪問時に上司が同行する機会が、月に1回設けられています。ドクターとのやりとりをチェックし、問題点の指摘や改善策をアドバイスしてくれるんです。自分では意識していなかった面を指摘されることもあり、とても参考になります。

これから先も、さらにスキルを磨いて、MRとして活躍したいですね。目標はチーム内で頼られる存在になること。憧れの先輩を目指して頑張っています!

Career Path
2012年 法学部卒業
日本イーライリリー入社
4ヶ月間の合宿研修を経て、8月より東京に配属
12月にMR認定試験に合格する
  現在はNS(ニューロサイエンス=中枢神経科学)領域のMRとして、渋谷区エリアを担当。日々、精神科や心療内科の病院・クリニックを対象に、新薬などの情報提供を行っている。

戻る

Top