To The Innovator

小嶋 毅彦
00年

東京大学大学院工学系研究科
修士課程修了
アクセンチュア株式会社勤務


08年

Duke University (MBA)
イーライリリー入社

小嶋 毅彦
糖尿病・成長ホルモン事業本部
糖尿病領域ブランドチーム
ブランドチーム部長

リリーは自分自身が成長する機会及び環境を、継続的に提供してくれる会社です。そのため、MBAで得た経験、知識を土台として、社会貢献に直結する実際のビジネスの現場でさらに自分自身を高めていきたいと考えている方に最適な会社の一つだと思います。

その理由の一つとして、まず次々と「チャレンジング」なアサインメントを得る機会が与えられる環境にあると思います。入社以降、主に製品マーケティングを担当させていただいておりますが、この数年、他社との大型アライアンス契約成立、新製品発売等の大きなイベントがあったこともあり、それらに関連して貴重な経験を数多くさせていただきました。特に他社と協働して新製品を発売した際には、両社様々な方々の協力を得ながら大小様々なプロジェクトを自ら先頭に立って進めていかなければならない局面を数多く経験することができました。それら一つ一つを乗り越えていくことにより、特に「リーダーシップ」という面で自らを開発することができたと実感しています。

二点目の理由として、自分の成長に合わせて新たな目標を設定することができる点があると思います。インディアナポリス本社にて新製品のグローバルマーケティングメンバーの一員として、世界各国のメンバーと連携して発売準備に取り組んだ際は、国内のマーケティングと比較してより戦略的な思考能力が求められるため学ぶことも多く、大変貴重な経験をさせていただきました。しかし本社で働いていた際に特に強く感じたのが日本の「人材面での交流」の必要性です。本社では米国のみならず多くの欧州や南米出身の方々が第一線で活躍しており、私もこのような方々と交流して強い刺激を受けました。しかし、日本は売上ではリリー全体に貢献できていても、人材面では、そのポテンシャルがあるにも関わらず十分貢献できていないと感じています。自分もまだまだ発展途上で学び成長していく必要がありますが、同時に自分の経験、知識、スキル等を伝え、日本リリーの人材育成に少しでも貢献することも現在重要な目標の一つになっています。そして、グローバルを舞台に活躍できるより多くの日本人のタレントを海外に輸出し、日本のみならず全世界において「より多くの患者さんを救う」ために少しでも貢献できればと思っています。入社当時は余裕もなく、このようなことを考えることはありませんでしたが、成長に応じた新たな目標を持つことができたのもリリーのおかげだと感謝していますし、リリーで働くことの楽しみであるとも思います。

私も海外に輸出される人材として引き続き成長していきたいと思います。

Career Path

2008年 入社、マーケティングブランドチームに所属し、製品戦略及び企画の立案・実行に従事。
2010年 セールス部門(内分泌・骨・代謝領域)へMRとして異動、MR認定資格を取得。
2011年 糖尿病領域ブランドチームへ異動し、製品企画課長(Brand Manager)へ昇進。提携先の他製薬会社と協働して製品発売準備、製品戦略及び企画の立案・実行に従事。2013年製品企画部長(Sr. Brand Manager)へ昇進。
2013年 ISE(International Service Employee)としてインディアナポリス本社へ異動、期待の新薬のGlobal Commercialization Teamの一員としてグローバル製品戦略及び企画立案、世界各国における発売準備活動のサポートに従事。
2015年 糖尿病領域 ブランドチームへ異動し、ブランドダイレクターへ昇進。
Top