To The Innovator

 勝間 英仁
98年

関西大学商学部卒業
NTT西日本勤務

08年

Duke University(MBA)
イーライリリー入社

勝間 英仁
執行役員 人事本部長

世界を舞台に活躍できるグローバルリーダーを輩出する

私は、サマーインターンを通して医療や人の命に関わることのやりがいと重みが心に響き、入社を決意しました。 入社後は、新製品企画・戦略計画部(NPP)で、複数の開発製品の戦略と疾患領域全体の中長期戦略および製品ポートフォリオのアセスメントを行った後、中枢神経領域の旗艦製品のブランドチームに移り、プランナーとしてプロモーション戦略やチャネル戦略を具体化し、MRが実行するマーケティングプランの策定を担当しました。

2012年に、米国本社に転勤し、Customer Engagementプロジェクトをリード。欧米から学び、日本に最適なプランを導入する本プロジェクトでは、国内外の複数部署をマネージするリーダーシップや組織改革における成功要因等これまでとは異なる経験を積むことができました。仕事を通じて欧米とアジアの文化の違いや異なる考え方、そしてそれぞれの強みをじっくり見直す機会になり、グローバルで働く醍醐味とイーライリリーの強みを実感しました。

帰国後は、日本イーライリリー総売上の1/3を占める主力製品のブランドチーム部長として、セールス、予算、マーケティングプランの全体管理、米国本社との交渉等統括業務を行いました。プランナー時代と異なり、多角的な視点でのビジネスディシジョンが問われ、より幅広いリーダーシップとピープルマネジメントが求められました。部下の強みを最大化してチーム力を高めながら、個々のキャリアプランを一緒にデザインするスーパーバイザーとしての役割は、組織全体のレベルアップにつながる非常に重要な仕事であると感じ、また、その面白さを初めて実感した年となりました。2015年に、アルツハイマーマーケティングチームを立ち上げ、初めて上市戦略をリードしました。治療パラダイムを変えるために過去に例を見ない多くのステークホルダーを巻き込んだ戦略が求められ大変な苦労を伴いましたが貴重な経験となりました。 このように、私自身入社以来10年足らずの間に、多岐にわたるストレッチなアサインメントを通して多くの成長機会をもらいました。イーライリリーは人財開発に投資し、社員とともに組織の成長を目指す企業であると身をもって感じています。それぞれが個々のキャリアを形成する上で、イーライリリーの最大の魅力はここにあると言えるでしょう。

現在、日本イーライリリーでは、世界を舞台に活躍できるグローバルリーダーの輩出を優先課題の1つに置いています。あらゆる角度から物事を分析し、緻密で具体的なアクションプランを企画し実行するなど、日本の強みやベストプラクティスを世界に展開していかなければいけません。グローバル企業として更なる成長を牽引する役割を担うのは世界第2位の規模を誇る日本であるべきと信じています。そのためには、グローバル思考を持ち、ダイバーシティ(多様性)や様々な能力、考え方を包含し最大化できるリーダーを開発し育成していくことが人事本部の最も重要な役割の1つです。これまでは日本の人財開発育成スピードは世界に比べて遅いと言われてきました。将来有望な若手リーダーを早期に見つけ、現在の能力より高いレベルのアサインメントを経験してもらうことで、個人の成長を促し早いサイクルで育成していくことが肝要で、時には大胆な人事も必要になってくるでしょう。革新的な医薬品を通じて人々のより健康で豊かな生活に貢献し、グローバルな舞台で自己成長を目指そうとする皆さんからのご応募を心よりお待ちしております。

Career Path

2008年 入社。新製品企画・戦略計画部(NPP:New Product Planning)に所属し、中長期的観点から市場性・競争優位性を分析し新製品マーケティング戦略を立案。
2010年 中枢神経領域の旗艦製品マーケティング部に異動。課長(Manager)に昇進し、マーケティングプラン立案・戦略実行支援。
2012年 アメリカ本社に転勤。インディアナポリスを拠点にCustomer Engagementプロジェクトをリードし、アメリカおよびヨーロッパにおけるベストプラクティスを分析。
2013年 帰国。日本向けのCustomer Engagement Modelを全領域MRに導入。マーケティング部長(Senior Manager)に昇進した後、セールスアサインメントに従事。
2014年 日本リリージャパン最大主力製品のブランドチーム部長(Director)に就任。
2015年 アルツハイマーマーケティングチーム部長に就任。
2017年 人事本部長(Senior Director)に就任。
Top